カラーマネジメントをしたい方におすすめのキャリブレーションツール、「ColorMunki Photo」。

 

お手頃価格で、スペクトル方式(分光光度計)を搭載していて使い方も簡単!
さらにはプリンタのキャリブレーション、環境光やスポットカラーの測定が可能!

 

一台で多用途に使うことができる、なかなかの高性能さです(^^)v

 

キャリブレーションは、モニター使用時間200時間に1度程度がおすすめということで、早速測定実行してみました・・・

 

ColorMunki Photo

 

EIZOのColorNavigatorで測定・設定後に、細かく内容を確認することが出来ます↓

 

カラーマネジメント

 

基本的に、最終完成媒体をモニターに設定をして現像処理をする場合自分はイルミナントD65を使っております。

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket