改 TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDSの結果。

先日、結果が出ていた東京インターナショナルフォトアワード(TIFA)。

 

嬉しそうに結果報告もさせてもらってたんですが・・・。
こちらで。” TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDSの結果

 

後日、よくよく見ていたらProfessional部門の”Nature Flowers”と”Nature Landscapes”カテゴリのそれぞれで1stも頂いておりました・・・。ありがたや。

 

 

 

この辺の確認を漏らしてるあたり、詰めの甘さたるや、さすが自分と思わなくもないんですが 汗。

 

TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDS (TIFA)
1st Place Winner (Professional)
“a layer” http://www.tokyofotoawards.jp/winners/tokyo/2017/4025/
“Molding thing” http://www.tokyofotoawards.jp/winners/tokyo/2017/4034/

 

 

・・・。

 

本来なら、もっと上を目指します!的な事を言ったほうが良いのでしょうけど、正直、今の自分にそんな気は一切ありません・・・。
なんと言うか、それは自分が本来写真をやってる目的じゃないから。結局のところ、自分にとってこういうのって所詮”ツール”でしか無いのだなと改めて感じています。(一生懸命されている方には申し訳ないかぎり・・・)

 

自分はそろそろ次のステージに登るときが来たのではないかと、強く感じています。
・・・そうこうしていたら、海外から問合せを頂いていたりとちょっと嬉しいお話があったり(^^)

 

そんなわけで、これからも楽しみながら写真と向き合っていこうかなと。

 

急遽、サービスエリアで撮影した件

いやー、人生って何があるかわからないから、ほんとうにおもしろい。

 

ひょんなことから、急遽、某サービスエリアでイーシス(isis)さんの撮影をさせて頂くという 笑。
ほんと不思議なめぐり合わせ。

 

イーシスさんは福岡、東京を拠点に活動するアーティスト。
今回、ライブ帰りに合流をして撮影するという流れになりました。

 

そんな事ってある!?とじぶんでもツッコミを入れながら、サービスエリアに着いて、そして10〜15分で撮影して撤収という 汗。
よし、次はもう少しだけイメージを煮詰めてから撮影させてもらおう…笑

 

なにげに、じぶんの記憶が正しければ、じつは今回のこの撮影がつい先日に新しいカメラに変えてからの初Shootingだったと思われ…。

 

まだ新しいカメラの使い方に慣れてなくて、一人しどろもどろ、テンパってたっていうのはここだけの内緒です 笑。

 

 

P.S.
とか言ってたら、ブログでじぶんが撮った写真UPされてた!
逆に、こんな写真しか撮れなくて申し訳ない気持ち…精進します!

【イーシスオフィシャルブログ】https://ameblo.jp/isisisisis/entry-12373027961.html

 

 

KYOTOGRAPHIE 2018 に行ってきた!

ただ今、京都で開催中のKYOTOGRAPHIE(京都国際写真祭)に行ってきました!
(今年の開催期間は4/14-5/13だそう)

じぶん、なにげに毎年KYOTOGRAPHIEに来ていたりします・・・笑
毎年行っているからなのか、次第に分かってくることが。

 

それは、年々充実した内容になってきている!ということ。

 

展示も、イベントも、そしてスポンサーも年々バージョンアップしていってる^_^
成長というか、進化というか。じぶんなんかが言うのもあれなんですけど、すばらしいです!
(ただその分、今年から各会場の入場料が値上がってたりするので、たくさん見て回る人にはパスポート購入がおすすめ!)

 

京都という場所が持つ、アートに対する懐の深さ。地域性もあると思う。
地域と一緒になって大々的に打ち出して、地元民も、いろんな世代を巻き込んで一緒になって盛り上がっていく!的な。

 

壁面に写真が展示されていたり。

 

京都新聞の印刷工場跡で展示してたり。作品と鑑賞者がいろいろな環境や、場所で関われるのって素敵だと思う。

海外を旅している時に、何か所かフォトフェスティバルみたいなところにも行きましたけど、ここまでのところは無かった・・・正直。

 

何ていうんだろう・・・一体感が感じられるようなイベントと言うか。(この表現の変わりが見つからない汗)
どうしても、イベントとその他の人達の間には少し距離があるように感じてしまうところが多くて、やっぱりアートって、ある程度の経済発展がないとなかなか浸透していかないのだろうと身をもって実感してきていました・・・(ある意味、当り前なことだとも言える 汗)

 

そういう意味でも、KYOTOGRAPHIEはこれからまだまだ進化していきそうで、ぜひとも来年も訪れたくなったり。
ただ、今までは見る側も人に徹していたじぶんですけど、来年はこのKYOTOGRAPHIEに参加者として出展が出来るように励んでいこうと思います!!

 

というのも今回、サテライト会場で展示していたお友達の展示なども見せて頂いていると、やっぱり見てるだけだとちょっと勿体ないなと思い始めたのです。まがいなりにも、じぶんも創作活動を行ってたりするわけで。

今から気張っていきますよー! 笑

 

 

 

そうそう。ちなみに、今回じぶんが一番良かったと思えたのは深瀬昌久!
というか、行く前からすでにぞっこんでしたけど汗。


 

ベロベロや、ブクブク、ヒビといったシリーズも展示されてて、個人的にはお腹いっぱい 笑。


 

じぶんが一番感慨深かったのは、あの”鴉”のカラーVreが見れたこと。

 

写真集とはまた違って、何度見ても飽きることなくすばらしい!
言わずもがなモノクロも良いのはもちろん、カラーも!

 

とても1日ではゆっくりと見て回れなかったので、じぶんたちは結局2日に分けて京都市内をいろいろ見て回りました。

 

 

・・・そうだそうだ。
今回KYOTOGRAPHIEのメインイベントにもなっている宮崎いず美さんのセルフポートレート作品も良くて、なにげに今、写真集を買おうかどうか迷ってます 笑

 

カメラシステムを変更してみた

アジアを中心に海外をまわって、そして帰国をして約1ヶ月が経ちました…

 

旅をしている時から検討していた、カメラシステムの変更。
旅中に書いていたこちらの内容でもボヤかせてもらっていました。

 

 

そして、いよいよ実行のとき!

 

 

長いこと使っていた一眼レフカメラ(Canon 5D3)を卒業して、SONYのα7R III(ILCE-7RM3)に。
ミラーレスカメラになりました 笑。

 

いやー、ファーストインプレッションは間違いなくいい感じで ^_^
今のじぶんにフィットしてしまっている感じで。

 

ただ、じぶんにはちょっと高画素すぎるような気もする・・・
非圧縮RAWデータが1枚85MBほどに 汗。

 

データを保存しているサーバーは、今のところ空き容量がまだ数TBはありますけど、すぐに埋まってしまうわ。。。

 

それにしても、改めてカメラ自体が軽量・コンパクトになるのは、じぶんには大いに助かります。
それでも、前から一眼レフと併用していたα7R(SONYの初代フルサイズミラーレス機)と比べるとボディサイズであったり、重量であったりがどうしても多少増してしまっている感は否めません。

 

逆にα7Rがコンパクト過ぎたというか・・・まぁこれくらいは許容範囲です。

 

ただやはり、一眼レフと比較するとどうしても弱点もあります 悲。
まだ、そんなに使い込んでいないじぶんなんかが言うのもあれなんですけど、まぁ、率直に感じたことということで。

 

それはオートフォーカス。

 

あくまでも体感的にですけど、ほんの少しだけ遅いように感じる。
動きものを撮ったりなど、そのあたりの信頼性はまだ一眼レフカメラに分があるのかな。
(SONYのα9だとまた違った感想になるのかも…)

 

あとは、撮影時に”いかにも撮っている!”という感じを出す演出力が弱い。

 

普通、そういうのは必要ないんでしょうけどお客様がいる状況での撮影だと、そのあたりの演出が・・・。たとえば結婚式であったり、前撮り写真など。
どうしてもミラーレスだとコンパクトでお手軽感がでてしまう。

 

軽量・コンパクトがミラーレスの良いところではあるのだけど、逆に一眼レフだと大きいぶん、多少お客様に対しての演出的効果が期待できるのかなと思われます。すごいカメラでプロに撮ってもらっている的な、満足感みないな…知らんけど 笑。

 

時代は変わってきていますけど、まだそのあたりの印象が根強いのかな〜。

 

このへんは撮影するスタイルにもよりますし、もしかしたらじぶんの思い過ごしかもですね。
ただ、じぶんはミラーレスですけど十分すぎるくらいに一眼レフ以上の絵をあげれる自信がありますから! 笑。

 

 

 

しばらくはテスト的な意味も込めて、いろいろ撮ってみようと思います。

・・・そしてこれを機に、もれなく大根のヘタを主食にする生活に突入ですけど、気がかりなのは妻が”このカメラは私のもの”と言い出したことです 汗

 

 

FINE ART PHOTOGRAPHY AWARDS の結果。

以前にエントリーしていた、FINE ART PHOTOGRAPHY AWARDS (通称:FAPA) というCompetitionにてNature Categoryで2nd Prizeを頂いてました 喜。

 

  

 

こちらは実はじぶんも詳しく知らなかったんですけど、イギリス・ロンドンの国際コンペらしいです、、、

 

昨年もエントリーしていて、確かその時はどの作品もNomineeばかりだったので、今回は少しばかり成長できたかなって感じですね♪
この FINE ART PHOTOGRAPHY AWARDS というコンペはNominee以上に上がるのが結構難しい印象だったから、少しだけ嬉しいです・・・

 

FINE ART PHOTOGRAPHY AWARDS (FAPA)
2nd Place Winner – a layer https://fineartphotoawards.com/winners-gallery/fapa-2017-2018/amateur/nature/silver-award

 

 

 

けれどじぶんは全然満足していなくて 汗。

 

こういうところでなにかしらの賞を頂けるというのは有り難いながらも、少々飽きてきているじぶんがいます・・・
正直、賞レース的な、そういうのはもういいかなという感じです。

 

2018年からは展示とか、リアルな活動に重点を置いて展開をしていきたいなと真剣に考えていますので、どうぞよろしくお願いしますということで m(_ _)m