離婚寸前の夫婦喧嘩勃発です 笑。 (いや、けっして笑い事ではない…)

 

このところ、夫婦間でそれぞれの写真への向き合い方についてよく考えさせられています・・・。
というのも、先日、二人の間で熱い言い争いになって最終的には妻がギャン泣きするという、見るも悲惨な状況を迎えたりしたためなのです… 汗。

 

原因は、簡単にいうと自分と妻との写真に向き合うスタンス、考え方、価値観の違いから。

 

妻は自分の思う写真を撮って、それが楽しい!と感じられるというのが一番大切だという…。
もちろんそれが人に認められれば嬉しいけれど、その先の事はあまり重要視していない様子。

 

一方、自分は”売る”というところにまで対して、徹底的にこだわり意識高くやっていきたい人です。まがいなりにもプロですから・・・。
そのためにこれまでいろんなものを、ことを犠牲にして退路を断って、本当の意味で不退転の覚悟でやってきました。
(やっと、少しづつ、その芽が出ようとしています!喜)

 

 

そして長い話し合いの結果。
写真に関しては最終ゴール地点が違う二人なので、そもそも、価値観や考え方は相容れないのです・・・
やはり、それは目指すところが違う二人なので仕方がないと思うようになりました。

 

そんなことを踏まえて自らを省みると、もし自分が今も独り身だったら、おこがましくも自らの写真に対する凝り固まった価値観を他人に押し付けてしまっていたのかもしれないと思うわけです。そう考えると少し怖かったり。(というか、もう写真やめてたかも!)

 

一緒に写真を撮りながらも、向き合い方が全く違う人が側に居て、違う価値観もあるのかと気付かされていることに気づきました 笑。

 

もちろん志を高く持つことは大切なんですが、向き合い方の異なる人を否定せずに、思いやりをもって接したいと思うようになれたのはこの人のおかげなんだろう、きっと。
自分は写真のことになると嘘はつけないし、ついつい本気モードになってしまって妻にも厳しいことを求めてかなり辛辣な言葉を投げかけている自分がいたのです。

 

世の中にはいろんな考え方や向き合い方がある、ということは海外を見て回ったりして十分すぎるほどに分かっていたけど、一目散になるあまりにそんな当たり前で大切なことも忘れかけていたのかもしれません。どうしても視野が狭くなってる自分がいました…。

 

 

・・・それをすごく身近な人に教えられた。
今回の一件で、少しばかり成長できた様な気がしています。
これからも二人で沢山と喧嘩をするんでしょうが、なんとかやっていけそうな感じです。

 

それにしてもよくもまぁ、自分みたいなわけのわからん野郎に三行半を突きつけずについてきてくれてるもんです。
平然と寝顔や泣き顔をSNSやブログとかで公にさらされているというのに・・・。そんな自分が言うのもなんですけど、それにしても超おもしろい人です、うちの嫁は! 笑。

 

が故に、自分はこれからいっそう結果にこだわってやっていこうと思うわけです。
大切なことを忘れずに。

 

 

P.S.
そんなUsui家ですが、このたび新聞デビューをしました!
↓ニュートンのりんごと一緒に映る自分たち。・・・自分の絵面の悪さ 笑。

 

【神戸新聞 ニュートンのりんご実る】
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201807/0011473463.shtml

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket