じぶんは、いま、妻とともに海外にきています・・・。

二人でケンカをしたりしながらも、日々、なんとか過ごしています。

 

そんな二人の詳細はぜひじぶんたちの旅ブログをご覧ください・・・。こちらです。


Usui家 -メオト放浪記-

http://usui-ke.tumblr.com/


 

 

そんな中で突然なのですが日本へ帰国後に別れることとなり、ブログらせてもらっている次第です。

じつは個人的には、日本を発つ前からうすうす感じていた部分でもあったので、”あぁ、やっぱりな”という部分も大きいです。

そして今回、一緒に海外にきてみて改めてその思いを強くしました。

 

 

出逢いは偶然、別れは必然といったところじゃないでしょうか・・・

まさか、こんな日が来るなんてじぶんでも思いもしなかった・・・

心新たにやり直していこうと思います・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、どうぞ安心して下さい。

別れるの、妻とじゃありません 笑。

 

 

 

長年お世話になってきた、Canonです。

いま、じぶんが使っているカメラシステムを帰国後にCanonからすべてSONY(α7RⅢ)に入れ替えます!

 

 

じつは、じぶんはシーンによって撮り分けるために長いことCanon(5DMarkⅢ)とSONY(α7R)を併用してきていました。
(SONYにマウントアダプタを介してCanonレンズを使用してました)

 

 

そうすると両者には違いがあって、それはセンサー性能が圧倒的に違うということです。

具体的には、SONYのセンサーがすんばらしい!

 

 

両者に全く同じレンズを使って、Raw現像をしていると暗部耐性(ダイナミックレンジ然り)、色ののりかた等々、センサーそのものの差が如実にわかってしまう・・・

巷のウワサとか、センサースコアうんぬんとかそういうのじゃなくて、自らが体感してしまう。

 

 

もちろん、最新機種だとCanon機でもじぶんが気になるところはだいぶ改善されているようですけど・・・

今後の写真家としての自らを思い描いてみても・・・じぶんにはもう、レフ機構は必要ないかな。EVFでいいや。

じぶんにとって軽量でコンパクトであること、それは正義でした。

 

 

 

もちろんSONYにも、使い勝手とか、周辺アクセサリ対応とか、ボディ・レンズの防塵防滴に対する不満(防塵防滴”配慮”設計という…)なども無くはないものの。

あと、じぶんにはちょっと画素数が多すぎる気もする… 汗

(α7Rの3,680万画素でも十分すぎるのだ)

 

 

それにしても、こと、センサー性能という部分に対しては残念ながらSONYに一日の長があります。

そしてそれは、これからのじぶんには必要で大切なところ。

 

 

海外に来て、改めてそう強く感じた・・・。

ので帰国後、早い段階でSONYに刷新していきたいとおもいます!

 

 

 

P.S.
まぎらわしい感じのタイトルで、申し訳ないです 汗
じぶんたちはケンカしつつも仲良くやってますので。

 

 

 

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket